肩こり・腰痛対応サロン 中落合・下落合・目白

Christopher.R

 03-3950-5417

予約制 / 最終受付20:00 月曜定休

あなたのお疲れは?

目白の、テニスで肩が痛くなった女性のお客様

更新日:

★ 掲載しているお客様の情報は、すべてお客様の承諾を得られたものです。
★ 記事中の人物写真はイメージであって実際のお客様ではありません。

Christopher.R(クリストファーアール)にご来店いただいたお客様の事例紹介。
今回は目白にお住まいのテニス好きの女性の事例です。

学生時代からテニスやっている方でした。

しかし、就職、ご結婚などで徐々に遠ざかっていたようです。

 

生活全般に落ち着かれたんでしょうかね?

それとも錦織選手の活躍なんかも影響したんでしょうか?

 

今年のGWに一念発起!
テニスを再開されたようです。

 

週イチ。
可能な時は週二回位。

コンスタントにプレーしていたということです。

 

しかし…、

徐々に…。

肩に痛みを感じるようになってきたとのことです(汗)

 

この痛みは、いつか来た道?

 

そう…、
学生時代にも痛みを感じたときがあったということを思い出したとのこと…。

 

古傷???

それはどうか判断しかねますが、長いブランクがあったことは事実です。

 

頭の中は学生自体。
ご自身のイメージも学生自体。

 

しかし現実は、長年練習もしておらず、

年も重ねて、身体は変化しているハズです。

 

それは十分承知!

と思っていても…。

 

現実は自分で想像している以上のギャップがあったということです。
昔スポーツを熱心にやっていた人ほど、このような状況に陥ります。

 

 

練習をしていなけば、筋肉や靭帯は確実に硬くなっているハズ。
人間の身体というものは使わないとドンドン、退化してしまうのです。

 

施術はもちろん、肩を中心にしていきますが…、
全身、特に股関節にも重点において施術を繰り返していき、

少しずつ、肩の違和感も気にならなくなってきたようです。

 

よかった~。

 

施術はこの後も続きます。
肩の痛みが消えても、

ちゃんとテニスができる身体を再構築していかなければいけません。

 

そうしないと、テニスを続けて行く限り、いつも肩損傷の危険が付きまといます。

 

単に痛みがなくなったからと、すぐまた以前と同じような感覚でテニスと向き合っていると、再発しかねません。

拗らせてしまい、さらに重い損傷を受けてしまう可能性があります。

 

そうなると、最悪、好きなテニスが出来なくなってしまうかもしれませんし…。
充実していた「日常生活」が辛いものになるかもしれませんからね。

 

もちろん、来店頻度、施術スケジュール…。
その辺のことはお客様とご相談の上、進めていますよ!

 

-あなたのお疲れは?

Copyright© Christopher.R , 2018 All Rights Reserved.